ウィンドウを閉じる
株式会社ステンドグラスバロック 代表取締役 臼井定氏

インタビュー インテリア医学の実践

ステンドグラス制作の
実際とその価値

臼井定 氏 株式会社ステンドグラスバロック 代表取締役  http://www.baroque-web.com/

日本を代表するステンドグラス工芸家の臼井氏。株式会社ステンドグラスバロックを率い、数々の作品を手がけている。

オーダーメード作品を中心として、ステンドグラス制作を1万件以上手がけた実績を誇る株式会社ステンドグラスバロック。 その仕事は、空港や駅から病院、寺社仏閣、個人宅と幅広い。医院にステンドグラスを導入する際のポイントを伺った。

医院にステンドグラスを設置したい場合、どのタイミングで打ち合わせするのが良いのでしょうか。
臼井氏
設計の段階なら、デザインや予算を検討する時間も十分ありますし、最も効果的な設置場所のご相談もお受けできるので、できるだけ早い時期が望ましいですね。
新築の場合しか取り付けはできませんか。
臼井氏
既存の医院の窓、ドアにも取り付けが可能です。
新築でなければいけないと誤解されている方が多いのですが、ステンドグラスを取り付けるお客さまの約半数が、現在お住まいのご自宅で楽んでいます。
どんな場所に取り付けることが多いのでしょう。
臼井氏
最も多いのは玄関ホールの窓や吹き抜け窓、待合です。患者さんの出入りが多い場所が最も効果的です。
 ステンドグラスははめ込み窓にしか取り付けられないのでしょうか。
臼井氏
いいえ。 開閉式の縦すべり出し窓、上げ下げ窓への取り付けも可能です。
制作期間はどれくらいですか。
臼井氏
デザイン、ご予算の決定に平均1~2カ月。制作には現場を採寸させていただいてから1~2カ月です。
お手入れ方法は。
臼井氏
基本的には、水拭きかから拭きで十分です。
耐用年数はどれくらいですか。
臼井氏
ヨーロッパのステンドグラスが何百年の時を経ても輝いているように、ステンドグラスの寿命は100年以上です。
また、破損してしまっても、オーダーメードですので修繕が可能です。
一般に、ステンドグラスは高価なものと思われがちですが、半永久的に何代にも受け継がれ、価格以上に価値の高い作品だといえます。
ステンドグラス制作の様子