ウィンドウを閉じる
梅田照幸氏 コイズミ照明(株) 代表取締役社長

インタビュー インテリア医学の実践

照明にも「適材適所」がある

梅田照幸 氏 コイズミ照明(株) 代表取締役社長

住宅照明、店舗施設照明を事業領域とし、器具の開発と照明計画を通じて省エネと快適空間づくりを実現するコイズミ照明(株)。 主要4都市にあるショールームでは、器具の素材感や照射感、あかりによる雰囲気の違いや効果の違いが体感できます。

水口
クリニックの照明に関してのお考えを聞かせていただけますか。
梅田氏
医療施設や高齢者向けの福祉施設は、さまざまな機能を持つセクションの集合体です。
  • 患者さんや入居者とそのご家族などの施設利用者が、病室や食堂などで行う生活行為の場
  • 医療・福祉従事者が、診察室などで行う作業行為の場
などによって、それぞれに適した照明があります。
施設利用者とスタッフ双方の快適なコミュニケーションのための空間づくりに役立つような提案をさせていただきたいと思っています。
水口
生活行為と作業行為には、どのような光環境が必要ですか。
梅田氏
生活行為のためには、不快なグレアがなくメンテナンスに配慮したものをお薦めします。
施設利用者が最も長い時間を過ごす病室・居室や食堂などでは、居心地の良い雰囲気づくりが大切です。
医療従事者の作業行為には、的確な判断の上に処置を行うために、十分な明るさと均整度、色温度を考えて器具を選ぶ必要があります。
水口
照明について言葉で説明し、お客さまに理解してもらうのは難しいですね。
梅田氏
そうですね。言葉だけでなく、ぜひ体感していただきたいので、ショールームに足を運ぶことをお勧めしています。当社のショールームにもぜひお越しください。一般の家庭用モデルに加えて、クリニックタイプも検討中ですので、歯科医院の先生方やスタッフの皆さんにも、ショールームを上手に利用して、最適な照明を見つけてほしいですね。
空間に応じた照明